「お肌のターンオーバーを早めるには」

日焼けしてしまっても、代謝をよくして、シミにならないようメラニン生成された肌細胞を体外へ早く出したいものです。 お肌のターンオーバーを早める最適の方法は、まず半身浴があげられます。 やり方は、浴槽の半分くらいまで39度以下のお湯をためます。 その中で20分くらい半身浴します。 肩が寒かったら乾いたタオルを肩かけにするといいです。 退屈なら、脱衣室から音楽が聴けるように準備して臨むこともできます。 今はお風呂で見られるポータブルDVDやラジオなんてのもあり退屈せず半身浴できます。 1週間も続けていると化粧のノリが違ってきます。 肌に透明感が出てきて、潤うようになります。 20代で28日周期と言われているターンオーバーも40歳を超えると40日以上かかります。 それをふまえて、半身浴の効果をじっくり見ていくことをお勧めします。 半年、一年続けるとシミやシワの改善がみられてきます。 毎日簡単にできる美容法で、私はとても気に入っています。 お肌のターンオーバーを早める第2の方法は、質の良い睡眠です。 ゴールデンタイムと言われる22時~2時の時間帯はしっかり睡眠をとりたい時間帯です。 ついついこの時間を外して睡眠をとってしまうと、肌だけではなく、体の調子も私は悪くなってしまいます。 夏の紫外線対策、完全に日差しをブロックすることは難しいです。 でも、日焼けしても紫外線の影響を跳ね返せる肌目指して、半身浴の時間と睡眠を大事にしたいと思います。

Read More

「日焼けしてしまった後のお手入れ」

夏は海だ山だと楽しい季節、でも肌にはとても危険なシーズンです。 一度焼いてしまったら大変。 ヒリヒリが治まるまで時間がかかりますし、今まで使っていた化粧の色も肌に合わなくなってしまいまいます。 とは言っても、焼けてしまった場合、できることはまず、水や氷で冷やすことです。 氷で冷やす場合は、肌への刺激が少ないように布に巻いて冷やします。 この時点で、化粧水を冷蔵庫へ入れておきます。 炎症が治まってきたら、水分を肌に与えます。 化粧水をコットンで優しく肌全体にたっぷり補給してあげます。 先ほどの冷蔵庫に入れておいた化粧水を使うとより効果的です。 より肌を冷やしてくれて、とても気持ちがいいです。 最後に乳液をしっかりつけて化粧水の水分が肌から飛ばないようにします。 デイリー使いの化粧品でここまでのお手入れを済ませるようにし、日焼けの症状がしっかり落ち着いてきたところで、特別なケアをするようにしています。 日焼けしたばかりの肌には普段と違う商品を使うと刺激を与えることになってしまうので要注意です。 そしてもう一つ大事な事として、肌だけではなく、髪の手入れも必要になります。 日焼けする前からトリートメント剤で紫外線からの保護をするのは言うまでもありません。 日焼けしてしまいダメージが気になる場合は、卵の黄身とハチミツでパックすると、驚くほど髪が甦ります。 まず、自分の髪全体に行き渡るくらいの分量の黄身を用意します。 黄身だけを泡立て、後でハチミツを加え、髪全体に塗っていきます。 20分程キャップをかぶって待ち、温度かなり低めのお湯で洗い流します。 そして、いつものシャンプーで洗い、コンディショナーをします。 週1のペースでやっていくと、グンと髪のこしと滑らかさが甦ります。

Read More

「日焼け防止の手袋、帽子」

すごくカワイイ帽子が最近は増えてきました。
ツバ広のものから、サンバイザーまでバリエーション豊かです。
私は髪の毛の量が多く、非常に頭に熱がこもり易いので、通常帽子をかぶると熱中症になってしまうのです。
そんな自分にピッタリくるのが「折りたたみサンバイザー」です。
布製なのでかさ張らずに、簡単にバッグに丸めて収納できます。
サンバイザーというと黒いイメージがありますが、様々な色を選べますし、ツバの小さいものから広いものまで選ぶことができます。
これなら頭頂部から熱が逃げていくので、頭が熱くなりすぎず助かっています。
折りたたみサンバイザーと日傘で頭と顔を太陽光線からブロックします。
そしてもう一つ、日焼け防止のために必要なのがアームカバーです。
手先のショートなものからロングサイズまで選べます。
アームカバーは装着すると、ものずごく暑くて耐えられません。
そんな私が今、気になっているのはシルク製で腕が透けるくらい薄手のものです。
腕にピタッとフィットするものではなく、ゆったりしたものが涼しくて良いと思います。
他にはシフォンや綿素材のものでフンワリしていて、おしゃれなものもあります。
腕にフィットするものはどうしても暑くて、結局使用しなくなり、お蔵入り。
毎年購入してきた使わないアームカバーが家にいくつも溜まってしまうことに。
アームカバーは、日焼け防止グッズの中で一番考えなしに買ってしまいがちなもの。
でも、選ぶのが一番難しいグッズです。

Read More