「車やバイクでの日焼け防止グッズ」

意外に忘れがちなのが、車の中での日焼け防止です。 最近はUVカットガラスが標準装備の車も多くなり、安心して無防備で乗り込む人も多いようです。 ですが、それでもそのカット率は100パーセントではありません。 70~80パーセントが通常のようです。 ということは、やはり日焼けしないように自分の身は自分で守らなければなりません。 私は車に乗る時、色の濃い目のストールを首あたりにフワりと巻いて首と鼻口元をガードしています。 そして、ロングの手袋を使用。 運転専用なので、いつも車に置いているものです。 ちょっと車の外に出たときに使える折りたたみツバ広帽子もドアポケに装備。 運転中に帽子をかぶるのは視界が狭くなり個人的に危ないと感じているので、外に出る時だけにしています。 そして、車の場合は一応、車という室内にいるのである程度安心なのですが、日焼け対策が本当に必要なのはバイクに乗る時。 完全に体がむき出しですから、完全防御が必要になります。 デイリー使いで重宝しているのが、コ●ンビアのフード付ジャケットです。 とても、軽いです。 ナイロン100パーセントなのですが、お昼の一番暑い時間帯でも着ると何度か温度が下がるくらいに涼しく感じられます。 顔はネックカバーを使い、鼻上あたりから首までをカバーしています。 カバーはヘルメットで抑えられるので落ちることはありませんから、前に少し余裕を持たせると呼吸が楽にできます。 ストールだとタイヤに巻き込まれる事故につながるので、ストールは絶対に避けてください。