「サングラス選び」

紫外線が目に当たると肌のメラニンが作られてしまうという恐ろしい事実。 これを知って目を防御しないわけにはいきません。 私は目の視力が悪く、UVカットのア●ュービュー使い捨てコンタクトを愛用しています。 「暑い地域で生活しているわりに焼けてない」と言われるのはそのせいかもしれません。 ただ、白目も含めて目全体を保護したいとの願いから、最近はJI●Sのカラーコントロールレンズメガネもコンタクトと交代で使っています。 度付きサングラスのウェリントン型です。 室内だと透明色、外に出ると紫外線の量によりレンズの色の濃さが変わります。 数社メーカーでこの色変化をするサングラスは出されているようで、これだとどのシーンでも違和感なくかけたままでいられます。 私のは99パーセント紫外線カットなので、日常使いに非常に役立ちます。 ですが、ビーチに行くにはちょっと物足りない感じの存在感です。 バカンス用にはフレームは大き目オーバル型、もしくはバタフライ型が女優さん風を気取れてかっこいいと思い、別に1つ購入しました。 この型なら小顔にも見えますし。これは度無しのサングラスでコンタクトと併用使いです。 フレームは顔の形でも似合う似合わないが出てしまうので、メガネショップでフレームをかけまくって自分に似合う形をとことん探すようにしてます。 そして、私の中で今一番注目しているのはレンズメーカーTAL●Xさんです。 雪山の紫外線は照り返しもあり凄まじいものがあると思いますが、登山家の三浦さんが気に入ってここの偏光サングラスレンズを愛用されていると知り、関心を持ち始まめました。 でも、今のところ予算的に合わないので保留中です。 サングラスといえば、他に今まで使ったことがあるのはごついゴーグル型、通常使いの度入りメガネに留めて使うオーバーグラス型等です。 どちらもいいのですが、使用できるシーンが限られていまいます。 それに普段使いのメガネに比べると装着がやや面倒というのもあり使用しなくなってしまいました。 色々購入してみて、通常使いしても違和感の無い、日々の紫外線をブロックしてくれるサングラスが今は一番お気に入りです。